パソコンとタブレット、スマートフォンの市場動向~IDC調査

—◆au情報◆—

『子供のスマホ率が1年で2.6倍に、スマホに依存する心理とは』

(ケータイ Watch)

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20121211_578187.html

—◇情報要約◇—

IDC Japanは、世界におけるパソコンとタブレット端末、スマートフォンの市場動向レポートを公開した。クリスマスなどの商戦期を迎える第4四半期(10月~12月)については、前年同期比26.5%増の3億円6200万台、金額ベースで1692億ドル(約13兆9404億円)と予測。パソコンが若干減少する一方で、タブレット端末とスマートフォンが需要を牽引するとしている。シェアは2期連続で、サムスンが首位、アップルが2位となったという。

—★ひとこと★—

私自身は、スマホ2台(iPhoneとXperia)、タブレット端末2台(iPadとKindle)を所有しています。メインはスマートフォンですが、タブレット端末も欠かせない存在になっています。いまのところ、残念ながら、シェア第1位のサムスン製はまだ使用したことがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加